タイトル

母の言い分 VS 娘の言い分

親と同居・・・
確かに昔は当たり前のことだったのに・・・
どうして今はこんなに負担に思えるようになったのだろう。
もちろん自分たちもいずれ、老いの身となるのだけれど。
人によるのだろうか?
途中同居の難しさを薫子は母(養母)で思い知った。
そのくせ義母(姑)は家族の一員として
家族中がお互いに協力したのに・・・
そして義母(姑)もまた家族を思いやった。

だからといって・・・
家なし・金なしの母(養母)を見捨てることも出来るはずもなく
言いたいことも言えず、言葉を飲み込む毎日。
きっとそれは、母(養母)も同じはず。
薫子の一方的な気持ちだけでなく
母(養母)の気持ちとちょっと対決。

   ライン

NO.1 ) 居候・・・
6年前2度目の同居が始まったとき母はこう言った。
「さぁ、居候生活の始まり!」
おかあさん、居候って言葉の意味知っています?
他人に世話になること・・・私は他人ですか?

古い母屋の階下3部屋を自分の部屋として落ち着き
どうにもならないような引っ越し荷物の多さに困惑したあの日。
(今では大半の荷物は薫子の一存で処分した。
年とともに身の回りの整理をしなくてはいけないと本気で思った)
その日の夕食のテーブルにあなたは1万円札を6枚置いた。
「今月分」
薫子は唖然とした・・・
2ヶ月の年金が6万円あるかなしか。
一度もお金の請求をしようとは考えてはいなかったのに。
それも弓彦の目の前で・・・

◆母の言い分◆
元々同居はしたくなかった・・・
ひとりで自由にいたい。
年齢・金銭的 に借家住まいが出来なくなった。
面倒を見られていると思うのがいや。
とりあえず、猫三匹と一緒でも良いと言うことで
来たくないけれど、ここへ来た。

◆娘の言い分◆
出来るなら、同居はしない方がお互い幸せ。   
20年前家業が傾いた時一時同居したけれど
あなたは父(養父)を捨てて
私に一言の断りもなく家を飛び出した。
今回も弓彦の薦めで同居に踏み切ったけれど
最初から多難・・・   
その日に札束?を振り回すなんって最低。
人の心はお金じゃないの。
『思いやり』
あなたの行動で誰が一番困るか考えたことある?

ライン

NO.2 ) 24時間TV
これはある程度仕方のないことだとは思うけれど・・・
でも、家族は母(養母)だけじゃない。
仕事に行っている人たちがいる。
せめて、深夜11時頃までには消して欲しいと思うのは
若い者(?)の勝手な考えだろうか?

会話は普通に出来るのに
TVの音量は極端に高い。
もはや騒音としか言いようがない。
それでも日中は何も言わず辛抱した。
さすが・・・夜はイヤホンを使用するように言ったが・・・
ほぼ一日中TVのスイッチは入ったまま。
寝られないと言いながら、
昼間はうたた寝・・・

◆母の言い分◆
知らない土地で何もすることがないのに
せめてTVぐらい自由に見させて。
イヤホンは耳が痛くなるのよ。
夜は寝られないのだから
朝まで見たって良いじゃない。

◆娘の言い分◆
今までのようにひとりで生活している訳じゃないの。
今更気兼ね云々と言っていたけれど
お父さんが死んで10年
あなたは自分のしたい候やってきたのよ。
お互いが何かの辛抱をして当然でしょう?
婚家に世話になっているのだから・・・

   ライン

NO.3 ) 何もさせてくれない
そう、あなたはお友達に話しているのよね。
でもね、86歳のあなたに何が出来るの?
もちろん身の回りのことは自分で出来る間は
薫子は手伝うつもりはない。
それだけをしてくれれば充分だと思った。
医者通いを月に何回か、
帰りには袋にいっぱいのお薬。
(もっともこれがなければよい医者ではないそうだ)

◆母の言い分◆
洗濯・食器洗い・その他だってまだ出来るのに
何もするなばかり・・・
私の仕事がないじゃない。

◆娘の言い分◆
悪いけれど・・・
あなたには任せられないのよ。
白内障を患った目は見えないというあなた。
食器洗いだって、充分出来ていない。
後でまた洗い直さなくてはいけない。
変形膝関節症で痛くて歩けないと言うあなた
何が出来るというの?
自分の身の回りが出来ること、
それだけでも私はありがたいと思います。

ライン

NO.3 ) お金
有ればいいけれど・・・
たいしてないのにすぐ物事をお金で解決しようとする。
今更言ってもこれはもう直らないことなのだろうけれど・・・
例の初日から始まって、今に至るまで
すべてお金で解決しようとする姿は変わらないね

◆母の言い分◆   
娘に負担をかけたくないと思うから
そうしていることがいけないのかねぇ。
それこそこっちだって気を遣っているのに。。。

◆娘の言い分◆
温泉に連れて行っても帰りの車の中でお金をちらつかせたり   
毎月の生活費(25,000円)を人目に付くところに置いたり
あくまで私は払っていますよと言わんばかり。
さりげなく家族に解らないように渡してくれるといいのだけれど。   
これ見よがしは・・・いけません。
それにね、どんな買い物を頼んでも
1円の端数まできっちりしか払わないあなた。
一度ありましたよね、ご近所の集金を追い返したことが・・・
さすが、私は言いましたっけ「払っておいてくれればいいのに・・」
あなたの返事は・・・「私やってお金いるけん!」
思わず「後で返すわよ、集金に何度も来て頂くのご迷惑でしょ!」
なるべく波風は立てたくないけれど・・・
ついに言ったひとこと。

  ライン

まだほんの序の口の母(養母)とのバトル。
まずは第1ラウンド終了。
義理が絡むからこそ言えない言葉、
言ってはいけない言葉がある。
そんな薫子の気持ちをどこまで解っているだろうか・・・

 

HOME NEXT BACK TOP