( 視点(13)
タイトル

おとぎ話の続きは・・・(休憩タイム2)

シンデレラのその後を知っていますか?
たいていのおとぎ話は、王子様とお姫様は幸せに暮らしました。
それでお終いですよね。
子供心に胸をときめかした沢山の物語・・・
でも、なぜその後が書かれていないのでしょう?!
実は人の結婚もそれによく似ていませんか
素敵な恋をして、沢山の人々に祝福された結婚式。
ここまではシンデレラのお話と同じなのです。
たとえ出会いはそれぞれ違っても・・・

良くは思い出さないのですが、シンデレラのその後。
確か、継母やお姉さん達を罰したと書いてありました。
それが正規のお話なのか、
別の方が伝えたものかは定かではありません。
しかし現実を考えると、多分そうなるのが本当かもしれませんね。
シンデレラに限らず、日本でも外国でもおとぎ話は
なぜか後が怖いらしい・・・

おとぎ話は時代が変わっても
【夢】あるいは【希望】のようにいつまでも語り継がれていきます。
だからこそ、命はつながっていくのだと思います。

西洋・東洋とも結婚までの
いろいろな試練は良く書かれてありますね。
でも、本当の試練は結婚後始まります。
そう・・・夢にまで見た結婚生活は現実と背中合わせ。   
何人もの人、あるいはすべての人が身をもって知るのです。
【愛情】という言葉の響きに憧れていた少女(少年)の頃
【生活】という生きるための戦い
そう、結婚とは生きるための戦いの最初の場なのかもしれません。

確かに【愛】だけでは生きていけません。
お互い信頼と安らぎを与えたくても
そこには【食】と言う生きるための基本があります。
そのためには【お金】は必要になってきます。
今の時代働かなくても食べられる人というのはほんの少数です。
衣・食・住 この三原則、これさえ危ういのです。

特に今の若い世代の方達は仕事に情熱を燃やし
家庭を持たない風潮が見え隠れします。
すべての人とは申しませんが・・・
でも、願わくば自分のお姫様(王子様)に巡り会って
城(家庭)を持って欲しいと思います。
セックスは感情ではなく命の育みの儀式です。
健やかな命の誕生を祈ってやみません。

おとぎ話の続きは・・・
もうおわかりですね。
命の絆を深めていくあなた達のことなのです。
いたずらに恐れないで一歩進んで欲しいと思います。
天上でいつか出番を待っている新しい命のために・・・


HOME NEXT BACK TOP